簡単!すぐわかる 無料見積り!
  • トップページへ戻る
  • 遺産相続について
  • 相続登記とは
  • 相続登記手続きの流れ
  • 相続登記費用
  • 相続前の遺言書・贈与
  • よくある質問
  • 事務所のご案内
  • 当事務所の特徴
  • 事務所概要
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
古きを訪ねて(ギャラリー) 地元史 登記史

相続登記は私達にお任せ下さい

スタッフ写真
  • スタッフのご紹介
  • スタッフグログ
司法書士・土地家屋調査士関根事務所へのアクセスマップ

詳しい地図はコチラをご覧ください

お問い合わせフォームはこちら 司法書士・土地家屋調査士関根事務所の看板

取り扱い業務対応地域

茨城県水戸市・ひたちなか市・大洗町・茨城町・東海村・那珂市・鉾田市・笠間市・小美玉市

水戸市ひたちなか市の建物登記もお任せください

相続登記費用(無料見積り)

簡単!すぐわかる 無料見積もり!

毎年4月中旬頃に、水戸市・ひたちなか市などの各市町村から送付されてきます。
※正確な相続登記の見積りには最新の年度の固定資産税・都市計画税納税通知書が必要です。

市町村ごとに書式が違います。 下記の例をご参考に、明細ページの評価額の欄をご確認ください。
土地・建物が複数ある場合、すべての評価額をご確認ください。

東海村・那珂市・笠間市・小美玉市の方は、以下の市町村をご参考に評価額をご確認ください。 
※クリックすると拡大します。
水戸市の評価額の見方の例
ひたちなか市の評価額の見方の例
大洗町の評価額の見方の例

 

鉾田市の評価額の見方の例
茨城町の評価額の見方の例
 

 

建物が登記されているかご確認ください

建物は未登記の場合があるので注意が必要です。未登記の場合、相続登記の手続きをすることができません。
以下の例を参考に、相続するすべての家屋について、家屋番号が記載されているか(登記がされているか)をご確認ください。
家屋番号が記載されていない場合、その家屋は未登記です。

※未登記について詳しくは、よくある質問(相続した建物が未登記の場合がある?)ページをご覧ください

 

東海村・那珂市・小美玉市の方は、以下の市町村をご参考に家屋番号をご確認ください。
(注・笠間市の場合は納税通知書で未登記の有無は分からない形式になっています。)

※クリックすると拡大します。

水戸市の評価額の見方の例
ひたちなか市の評価額の見方の例
大洗町の評価額の見方の例

 

 

鉾田市の評価額の見方の例
茨城町の評価額の見方の例
 

 

よく建物登記があると勘違いしてしまうケース

建物は新築すると、市役所等の税務課で固定資産税を課税する目的で、登記に関係なく、税務課担当者が現地と建物の内部を調査して建物を課税台帳に登載します。
結果、その年の1月1日から12月31日に建物を新築した場合、翌年の4月の固定資産税の納税通知書(自宅へ届きます)にその建物の記載が載ってきます。
この記載をもって、登記があると勘違いしている方がいますのでご注意してください。(家屋番号欄が空白だと未登記です)

 

評価額と、建物の登記がされているかをお知らせください

 
相続登記見積もり依頼書にご記入後、FAXにて送信して下さい。
折り返しFAXにてお見積りをお送りいたします。
※相続登記見積もり依頼書(PDF)を保存するには、右クリックして「対象をファイルに保存」してください。
見積もり依頼書PDFのダウンロード
 
お問い合わせフォームから必要事項をご記入後送信して下さい。
折り返しメールにてお見積りをお送りいたします。
お問い合わせフォームはこちら

 

このページのトップへ